知り合いの苦労した借金返済について

知り合いの苦労した借金返済についてお話していきます。その知り合いは、数年前まではまったく借金がなかったですけど、ある時に欲しい物があって、カードローンを利用してしまったのです。

ただ、その時はまだ借りた額は小額でしたけど、カードローンの限度額は30万円ぐらいありましたので、残った限度額を定期的にギャンブルに使用するようになったのです。知り合いは、時々ギャンブルをしていましたけど、それまでは自分の所持金だけでしていましたけど、カードローンが利用できるようになってからは、限度額範囲内でギャンブルのためにそのお金を使用するようになって、あっという間に限度額いっぱいまで借りてしまったのです。

つまり数カ月ぐらいで借金が30万円ぐらいになったのです。そこでその知り合いはかなりあせったらしくて、自分ではうまくお金のコントロールができないという事で、その知り合いの友達にお金の管理を手伝ってもらって、数年ぐらいでようやくきちんと借金返済できたのです。

借金返済は債務整理で解決する方法もあります。でも債務整理の弁護士費用は結構高額ですよね。ですからできれば自分で何とかしたいものです。

その知り合いは、ギャンブルの怖さも実感する事ができたし、借金返済もうまくお金を管理する事ができないと大変になるという事を実感したようで、かなり反省したようだったのです。それだけ、知り合いからすれば借金返済は大変だったという事です。

長くかかってしまった借金返済

軽い気持ちで借りた消費者金融での借金を返すのに、3年もかかってしまいました。

最初の元金はたった1万円だったのに、あまりにも簡単に借りることができたので、返してはまた借りての繰り返しをして、結局借金は100万円近く膨らんでしまいました。

最後は家賃や生活費もそのお金に頼るように生活していたので、限度額いっぱいまで借り入れてしまうと、堕落した生活のツケがどんどん回ってくるようなりました。

借金をしてからクレジットカードの審査に落ちるようになったので、クレジットカードを作ることが出来ず、会社や友人に不信がられるようになりました。周りに知られたくなくて、完済を誓いました。

それからは毎月給料日になると、繰り上げて返済していきました。利息分を考えて元本を返済していかなければ、なかなか借金は減っていかないので、生活を切り詰めて、出来る限り返済に充てていきました。そこで利息の怖さを思い知りました。

好きなことを我慢して、一生懸命ギリギリの生活を送っても、結局3年もかかってしまいました。

最初の1万円でやめていれば、3年も返済に掛からず、そのぶんもっと色々なことにお金を使えたのかと思うと、悔しい反面、消費者金融の仕組みがどれほど怖いか思い知り、学びました。

大人買いという買い物の仕方にはまった痛い過去

一時期、大人買いという言葉が流行りました。ちょうど、その頃の出来事になります。

当時の仕事の給料が、同世代の女性よりも比較的、高い方だったこともあり変に余裕めいた感じで自分に酔いしれていたことがありました。そんな気分で過ごしていたころに、偶然立ち寄った本屋で、とある国家資格の参考書シリーズに目がとまってしまいました。

一般的な文庫本や、雑誌と違って国家資格系の参考書やノウハウ本はかなり高いものが多いです。一冊当たり2千円前後はしたはずです。それから、その資格を取得するために必要な関連法規など法律用語集の辞書なども買い漁っていました。これは、参考書よりもずっと高かったと記憶しています。

こういったものを、下調べもせず、一気に片っ端から購入していった苦い過去があります。このときの買い物は、総額で5万円近くに上りました。いくらそこそこお給料が良いからといって、こういった買い物を続けていると、あっという間に給料生活は困難にまります。当然です。まずは、自分に取得できそうなのかどうか、だとか情報収集から始めればいいものを、こういった買い物を続けていたら、借金になるのは当然です。

結果、給料だけでは追いつかず、借金バイトとして夜のお店を掛け持ちして返済したという苦い過去があります。やっぱり、何事も計画性はとても大事だと思いましたし、自分の器を超えない買い物の仕方、借金の仕方、というのも大事だと思いました。

買い物が主体になっていたので、当然、資格取得には至りませんでした。まず、参考書をいろいろ幅広く精査するということすらしていないので、当然です。自分の知識と合っていない難易度の高い参考書を大人買いしたためです。

借金を背負うということ

僕の以前勤めていた会社の先輩の話になるが、その人は約300万円の借金を抱えていたそうだ。理由は以前に仲の良い後輩に借金をしてまでおごったりして作ってしまったらしい。

しかもその人は生まれつきなのか癲癇という病気を持っていた。その病気のことがあり以前の会社では実質クビのような形になっていたという。そして当時の会社の社長に受け入れてもらうことが出来てここでなんとかバイトとして働いている、と語っていた。

バイトとはいえ、彼は正社員並みの時間労働していたし、人数が必要ない時は帰ってもらうこともあったが、基本は残業だってしていた。しかしそんな彼だから仕事中に働いていても急に倒れたりすることも多く、もちろんその間の給料は出ていなかったように思う。

その上家に帰ると定年をむかえた父親が家にいて、面倒も見ないといけないようだった。男二人なのでご飯なども、外食はお金がかかるのでディスカウントショップで安くなっているウィンナーを焼いて食べたり、現在は禁止されているが、食品も扱っている会社なのでその廃棄品を持って帰って食べたりしていたそうだ。

そんな努力をしながら彼は借金をコツコツと返していたのだが、仕事中に彼の携帯に催促の電話がなったりとても苦労していた。彼もその時は良いのだけれど、一度借金を背負ってしまうとあとあと大変だと常に言っていてくれたお蔭で、僕は今まで電気やガスを止められるほどお金に困ることもあったが何とか借金をしないですんでいる。